熱愛速報 > オリオン座流星群、2014年は10月21〜23日。見る方向方角、時間帯は?観測条件は最高!
2014年10月18日

オリオン座流星群、2014年は10月21〜23日。見る方向方角、時間帯は?観測条件は最高!

2014年10月21〜23日にオリオン座流星群が見られます!2014年は月明かりが少なく観測しやすい年と言われています。ぜひご注目を!ryuuseigunn.jpg

(画像は流星群イメージ)

Sponsored Links




オリオン座流星群とは



母彗星は1P/Halley彗星。

オリオン座流星群は全流星群の中で2番目に速度が速い(66km/s)流星群です。(1番速いのはしし座流星群で71km/s)

そのため明るい流星が多く、有痕率(痕を残した流星数の比)も高いです。つまり目で見てわかりやすい流れ星が多く、眼視観測(機械ではなく人間の眼で観測)しやすい流星群といえます。

オリオン座流星群では例年1時間あたり10〜20個の流星がみられます。ここ数年は出現数が落ちているようですが、2014年は月明かりが少なく(=月齢条件が良い)観測しやすい年と言われていますので、初心者でも観測してみるチャンスですね。流星群のピークは22日午前1時ごろです。21日未明、22日未明にも注目です。


電波観測(★後述)においては、対地速度が速い(66km/s)ため、捉えられる流星数は伸び悩み、年によっては微増程度しかピークが検出されない年もあるようです。つまりスピードが速すぎるためたそもそも流星がとらえづらく、ピークもわかりにくいです。
ただし、2006年及び2007年はそのピークを明確に捉えています。

エコー数(★後述)は伸びませんが、ロングエコーが多い点は愛好家にとって魅力的です。

また、ロングエコーのピークとエコー総数のピークが異なる年も多く、流星物質の宇宙空間分布を知る上では興味深いデータが得られる流星群といえるそうです。

電波観測とは


簡単に言うと、流星に電波をあてて、その跳ね返り(反射)を受け取って流星の存在を知る、という観測方法です。

決して流星が電波を発している訳ではありません。

流星物質が地球上層の大気に突入すると、自分自身や周囲の大気が電子とイオンに電離され、一時的に電波を反射する性質を持つ円柱状の領域が生成されます。地上から発した電波はこの電離柱に反射して再び地上に届きます。(これを流星エコーといいます。★詳しくは後述)

この電離柱の発生する高さは地上80km〜120kmの間でE層付近だといわれてます。

エコーとは


前述の通り、エコーとは流星電波観測の用語で、電波が流星によって反射され、地上で受信されたものです。

天候に左右されにくいので、あらゆる天候の流星観測に使われます。ラジオのFM電波を利用して、雑音のような感じで『流星を聴く』こともできるそうです。(雑音との判別は難しいそうですが…。)

そして流星エコーが長時間に渡って継続される現象があります。それを「ロングエコー」と呼びます。

ただしロングエコーの出現が必ずしも眼視観測でいう火球とイコールではないこと、また大火球が出現したとしてもロングエコーとなっていないなど、そのメカニズムと傾向はまだ不明だそうです。ロングエコーは通常数十秒〜1分程度ですが、長いと数分〜10分程度まで継続するものもあり、観測画像としてとらえるととても壮観なんだとか。

見る方角、時間帯


最後に、今年2014年の日本国内での眼視観測についてです。

見る方角(方向):流星の出現位置、という意味では「どこでもよい」が正解。月齢の関係で月明かりも少ないはずなので、暗い空を見ていれば見られるでしょう。気軽に観測できそうです!

時間帯:候補が2つあります。
  ・10月22日 0時〜夜明け
  ・10月21日または23日 0時〜夜明け
時間帯も比較的見やすい時間と言えるのではないでしょうか。

以上、ここ数年では最高の条件が整います。ではお天気はどうでしょうか。

ウェザーニューズによると、ピーク当日は太平洋側ほど高気圧に覆われて雲が少ないため、太平洋側を中心に観測チャンスがあるということです。特に、関東は晴れやすい条件となるため、流星をしっかりと観測できそうです。中国や北陸など日本海側の一部は厚い雲に覆われてしまい、流星観測が難しいと予想しています。

流星の出現数は不明ですが、観測条件は極めて良好ですので、観測してみる価値はありそうですね。

また、日本国内での電波観測についても、観測条件は良好とのことです。

Sponsored Links


posted by わさび at 19:48 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。