熱愛速報 > 矢口真里が被害者面?離婚を一瞬思いとどまった理由がひどい。
2015年07月12日

矢口真里が被害者面?離婚を一瞬思いとどまった理由がひどい。

離婚歴のある矢口真里さんが、最近被害者面だと話題になっています。自分に離婚原因があったのに、一瞬離婚したくないと思った理由が大変自己中なんです。
Sponsored Links





矢口真里、不倫騒動をおさらい


俳優・中村昌也さんと2013年に離婚した、タレントの矢口真里さんが、大阪・カンテレで10日に放送されたバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」に出演しました。

そこで、離婚をテーマにしたトークが繰り広げられたのですが、矢口真里さんもそのトークに参加。

ところで矢口真里さんの離婚に至った事件はあまりに有名ですが、さらっとまとめると、

・矢口真里さんはかなりの男好きで、結婚する前から病的なほど合コンに参加していた

・矢口真里さんは、旦那である中村昌也さんが仕事で家を空けている間に男を連れ込み

・浮気現場に中村昌也さんが帰宅し、見つかる


ということでした。

こういう経緯があったにもかかわらず、一時は中村昌也さんのせいで離婚になったように画策したり、DVだと言ってみたり、なかなか迷走していたようです。

m_bd098c76-3ca5e.jpg

↑画像は、浮気相手の梅田賢三さんとのツーショットです。

「もう結婚式したくないから離婚したくない」?


話を戻しますが、「快傑えみちゃんねる」で矢口真里さんは中村昌也さんとの離婚を悩んだ瞬間があると明かしました。

そのことについてテレビで話すのは初めてだそうです。

Sponsored Links





その理由というのが

・「思いとどまった瞬間が何回もあった。今までテレビで話した事がなかったけど」
・「結婚式を盛大に挙げてしまった。こじんまりやりたかったけど、ダンナさんの名前を知ってほしいがために…」
・「それがつらすぎて、二度と結婚式をしたくないと思った」


ということだと話していました。

当時二人の結婚式は東京・グランドプリンスホテル新高輪で、260人を招いて結婚披露宴を開くというものでした。

二人の知名度に関係なくそれぞれが130人ずつ招待したそうです。

「夫を立てなければいけないと思って、半分ずつ呼んだ」ということも矢口真里さんは話しています。

次の結婚を見据えている?


しかし、自分に離婚の原因があったのに、次の結婚式のことを考えているような発言に、世間からは「不快」「もう結婚しない方がいい」などという反応が。

たしかに、「二度と結婚式をしたくないから、離婚しない」といっているように聞こえますね。

結婚式をしたくないのならば、しなければいいんです。

また、「結婚式を盛大に挙げてしまった。こじんまりやりたかったけど、ダンナさんの名前を知ってほしいがために…」というのも、中村昌也さんを有名にするために仕方なく盛大に結婚式・披露宴を行った、と聞こえます。

自分のせいで離婚となった元夫の中村昌也さんに対していずれもとても失礼な発言だと思われますね。

いったいどうしてしまったのでしょうか…
posted by わさび at 16:37 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。